ビタミンCサプリメント

ビタミンCとは、レモンやピーマンなどの果物や野菜に多く含まれる水溶性のビタミンのことです。

さまざまな機能をもった成分ですが、代表的なものとしては、「活性酸素を除去して、体の酸化を防ぐ」、「皮膚や骨などを丈夫にするためのタンパク質であるコラーゲンの合成を助ける」、「ホルモンの分泌を促す」などがあるといわれています。

また、鉄分の吸収やビタミンEの再生を助ける働きもあるとされており、サプリメントを摂取するときは、鉄やビタミンEと一緒に摂るとお互いの効力を発揮できると思われます。

ビタミンCは不足すると、風邪をひきやすくなったり、疲れやすい、傷が治りにくいなどの体の不調が出てきますので、積極的にサプリメントで補うことをおすすめします。

特にたばこを吸う人は、ビタミンCが不足しやすくなるといわれています。

ビタミンCは、一度にたくさん摂取して蓄えておくことができないので、朝昼夜とこまめに摂るとよいですね。

痩せるサプリメントについて

現在「痩せる」と謳ったサプリメントには、非常に多くの種類がありますね。

それらは、目的によって摂取するタイミングや飲み方が違ってきます。

食前に飲むのは、食欲を抑制してくれるサプリメントです。

マテやシトラスアランチウムなどがそうです。

これらは、脂肪を分解する作用もあるので、ダイエットが期待できます。

また、Lカルニチンのように脂肪を燃焼させる働きを持つものもあります。

これは、家事や外出、運動などをする前などに飲むことで、より効率よく脂肪を燃焼するといわれています。

他にも、体脂肪を減らす働きがあるフォースリーンには、脂肪の分解を促進し、除脂肪とよばれる物質を増加させる働きがあるといわれています。

これらのサプリメントをいくつか組み合わせて摂取することで、効率のよいダイエットが期待できると思われます。

酵素サプリメント

現在発見されている酵素は、3000種類もあるといわれています。

それらすべては、それぞれ別の働きをもっています。

酵素には、体内で生成され、食べ物の消化のために働く「消化酵素」と、あらゆる生体反応に関わり、新陳代謝や免疫強化のために働く「代謝酵素」があり、食品などから摂取できる酵素のことを「食物酵素」とよんでいます。

酵素は、ミネラルにタンパク質を結合させて作られますが、非常に熱に弱いことがわかっています。

身体の中で生成できる酵素には限りがあるので、食品などからの摂取が難しくなると身体の中の酵素のバランスが崩れてしまいます。

サプリメントで多いのは、消化酵素サプリメントで、炭水化物をブドウ糖に分解する「アミラーゼ」や「プロテアーゼ」、「リパーゼ」、「セルラーゼ」「ラクターゼ」などがあり、タンパク質や脂肪、食物繊維などを分解します。

脂肪燃焼サプリメント

脂肪燃焼サプリメントといえば、Lカルニチンが有名ですね。

これは、脂肪からエネルギーを取り出すために必要な成分で、L体とD体といわれる二種類から構成されています。

このうちL体のほうは、もともと体内に存在しており、健康効果が期待できるといわれています。

2002年に、Lカルニチンを摂取することで、体脂肪が燃焼するという報告がなされてからは、ダイエットによい成分として話題になり、今でも人気があります。

Lカルニチンには、効率よく遊離脂肪酸を筋肉細胞内のミトコンドリアに運ぶという、非常に重要な役割があります。

加齢とともLカルニチンは、だんだん減ってきますので、中年太りなどがおこります。

ですから、このLカルニチンを、糖分の代謝を促す「αリポ酸」と一緒に摂るのがとても効率的だといわれています。

アンチエイジングサプリメントについて

お肌の老化は活性酸素が原因であることが報告されています。

活性酸素のもとは、紫外線や添加物、タバコ、大気汚染などさまざまです。

細胞を酸化から守るためには、抗酸化作用があるビタミンC、E、カロチンなどを摂取することをおすすめします。

最近では、COQ10が注目されていますが、これは、細胞の酸化を抑えるのはもちろんですが、細胞を活性化するともいわれています。

また、ヒアルロン酸やセラミドはお肌の乾燥を防ぎ、しわやたるみによいといわれています。

他にコラーゲンなどもアンチエイジングには非常に重要な成分です。

毎日の食事から摂取できればよいのですが、現状ではなかなか難しいですね。

ですから、これらの成分が配合されたサプリメントを積極的に摂ることは、歳を重ねた女性には、大切なことだといえます。

育毛サプリメント

髪は人の第一印象に大きく影響しますので、薄毛を気にしている人も多いですね。

育毛サプリメントの主原料は、大豆イソフラボン、ウコン、大豆など植物由来のものやサメの肝臓エキスなど動物性のものなどさまざまです。

人間の髪は、多くのアミノ酸から構成されていますので、アミノ酸を効率よく摂取することが大切です。

血液がドロドロとして血行が悪くなると毛根に十分な栄養が行き渡らなくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。

リノレン酸やビタミンE、イソフラボンなどは、血液をサラサラにしてくれるといわれていますので、頭皮の改善に役立ちますね。

また、髪の毛はケラチンとよばれるタンパク質からできていますので、良質のタンパク質を摂ることで、髪の毛の成長を促進し、健康にしてくれるそうですよ。

育毛によいといわれるサプリメントには、これらの成分がバランスよく配合されていますので、積極的に摂取するとよいですね。

亜鉛サプリメントについて

亜鉛は遺伝子の活動に欠かせないミネラルの一つで、タンパク質やホルモン合成などの多くの新陳代謝にかかわっている成分です。

亜鉛が不足するとホルモン生成の低下や免疫力低下、皮膚炎、味覚障害などを引き起こすといわれています。

牡蠣に非常に豊富に含まれていますが、ゴマやココア、小麦胚芽などにも含まれています。

一日の目標摂取量は30mgといわれており、食事からは、10mgほど摂取されているといわれていますので、残りはサプリメントで補うことをおすすめします。

日本で販売されている亜鉛サプリメントは、酵素由来のものが多く、硫酸亜鉛よりは吸収がよいといわれていますが、アメリカ産の結合型の亜鉛はさらに吸収率が高いということです。

葉酸サプリメント

葉酸はタンパク質の代謝や、遺伝子のもととなるDNAの合成、細胞分化などには欠かせない成分です。

葉酸はその名前のとおり、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリーなどの緑色の葉物野菜に多く含まれています。

ビタミンB群の一つで、ビタミンB12の血液を作るという働きの補助をしているので、葉酸が不足すると、貧血になってしまいます。

ですから葉酸は、ビタミンB6やB12と一緒に摂ると非常によいといわれています。

しかし葉酸は、ビタミンCと同様に水溶性なので、一度にたくさんとっても体内に蓄えておくことができないため、少しずつ定期的に摂取する必要があります。

特に妊娠初期の女性は不足すると、先天性の病気を持つ子どもが生まれるリスクが高まることから、厚生労働省では、妊婦などに対して、一日0.4mgをサプリメントで摂取することを推奨しています。

バストアップサプリメント

バストアップを目的としたサプリメントには、女性ホルモンを活発にするための成分が配合されており、摂取することで、身体の中から女性ホルモンの分泌を促してくれます。

女性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少していきますので、サプリメントで補うことは、非常によいことだと思われます。

バストアップによいといわれている成分は、「プラエリア」とよばれるマメ科の植物です。

これは、古くから病気や怪我の治療薬として使われていました。

プラエリアの根の部分にできるイモを粉末状にして摂取していたそうですね。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするといわれていますが、プラエリアは、大豆イソフラボンよりも何十倍もよく働くので、バストアップも期待できるというわけです。

ヒアルロン酸サプリメントについて

ヒアルロン酸は皮膚や関節、目などに存在しているムコ多糖類の一種です。

1gで6リットルの水分を抱え込むという、高い保水力をもっています。

この保水力の作用で、お肌の乾燥を防いだり、関節を円滑に動かしたりしてくれていますが、加齢とともに減少していくのが現実です。

最近では、化粧品にも保湿成分として配合されることが多いようですね。

サプリメントの場合は、美肌が期待できるものとして使用されています。

ヒアルロン酸は、ニワトリの鶏冠(トサカ)から抽出したものが多いようですが、微生物を発酵させて生産しているものもあるようです。

ヒアルロン酸サプリメントを摂取しつづけることで、お肌の水分量が高まり弾力がうまれ、しわが減少したという症例も報告されているということなので、毎日、120mgくらいを目安に摂取するとよいと思います。